忍者ブログ
Knit&Run!

記憶にございません弁当

1日遅れの今週の弁当です。 

ブログのコメントでおすすめのお弁当本を
教えてもらって、自分もこれが好き~と
話したので、記事でもあらためてご紹介。

20171202_223400
あしたのお弁当(別冊エッセ)

表紙で分かるけど単純に載ってるお弁当が
美味しそうで読んでるとついつい作りたくなる。
そんなお弁当がたくさん載ってて、しかも
弁当に入ってるおかずは全てレシピ付き!

表紙の弁当でいうと「ホタテのみそ田楽」
「ネギ入り卵焼き」「ニンジンのかかサラダ」
と云った感じにその弁当に入ってるおかずの
作り方を教えてくれる。なので、この本を
マネればお弁当に何を入れるか迷わずに済むし、
色どりも良くて参考になってイイよ!

2000年発行の本なのでもう17年前の一冊。
昭和=古い本って思うけどこれも古い本なのかな…
今、手に入れるのは大変かもしれないけど、
弁当作りに重宝してるあしたのお弁当でした。

さて、今週の弁当タイム!
20171127_065013

・白ご飯(たら昆布)
・デミグラハンバーグ
・花型ゆで玉子
・おから入りポテトサラダ

20171128_065232

・白ご飯(ゴマ昆布)
・焼き鮭
・チーズ入り卵焼き
・シュウマイ?
・レンコンのきんぴら

20171130_062607

・白ご飯
・すき焼き
・目玉焼き

20171201_064739

・あさりご飯
・豚カツ卵とじ
・ひじきの煮物
・鮭とホウレン草のバターソテー

1日寝坊してNO弁当の日があったり、
今週の事なのに「このおかず何だっけ?」と
自問自答したり、頭がどんどん冬眠モードに。

特に自分で作ったおかずが何だったか全く
記憶にないのは怖いわ…しかも鮭も一週間で
2回入れた記憶もなかったり。ボケボケさを
実感できる弁当作りレポート。まさに健忘録だ!

来週も覚えてたら続きます。

ちなみにすき焼きをバーンと入れて卵を
目玉焼きで表現した弁当、こういうの好き!
アルミの四角い弁当箱だったら最高だったな~

拍手

PR

THE反省弁当

今週のお弁当です。作りおきをするぞー!とか、
白ご飯が多いから混ぜご飯を作る!などと
言いつつ、結果作ったのはこちらでした。

はじめてのシューマイ
20171123_164701
ちゃんと蒸し器で作ってみましたよ。

作ってみるとタネを作って皮に包むと餃子と
変わらんし、蒸すのも蒸し器に入れて10分ほど
蒸せば完成と意外とシューマイ簡単でビックリ。
(ただ包むのが少し難しい)

餃子は焼くテクニックが必要だけどこっちは
蒸すだけなので楽だし、油も使わないから
現在減量中の自分にピッタリだと思った。

蒸し料理って皆さん作りますかね?
何かオススメあればご一報ください。

20171121_063023

・ご飯(たら昆布+鮭フレーク)
・豚肉の野菜きのこロール
・シイタケのかにマヨ焼き
・卵とブロッコリーのサラダ

反省の多い弁当。卵とブロッコリーのサラダ、
シイタケのかにマヨ焼き、両方にマヨネーズを
使ってしまった。かにマヨ焼きもシイタケのレシピを
探して急遽作ったけど、お弁当には不向きかなー。

20171121_060545

本当はこんなんだけど弁当に入れるとなんだか
サッパリだった…(笑) それと、マヨ焼きで出た
しいたけの軸を豚肉に、これまた冷蔵庫の余りの
ピーマンを巻いて焼いたけど残り物感がすげーわ。

味は美味しかったんだけどね\(^o^)/

20171122_064750

・ご飯(大人のふりかけ)
・タラのムニエル
・ピーマンの卵チーズ焼き
・粉ふき芋
・かに入り卵焼き
・プチトマト

これまた反省の多い弁当。なんだか作ってく内に
黄色いおかずが多くなってしまった。前日の
サラダやかにを利用して美味しくできたけど
見栄えの方はスランプに突入。しくしく…

20171123_065544

・シソわかめご飯
・豚の味噌漬け
・ネギ巻きベーコン
・ニンジンしりしり
・プチトマト

これまたまた反省の多い弁当。お手製で豚肉を
味噌漬けにしてるんだけど、そんな風には見えない
弁当の仕上がり。ネギ巻きベーコンもひらめきで
作ったけど色合いが茶、オレンジに纏ってしまった。

弁当の色どりスランプにも突入。

20171124_064341

・ご飯(大人のふりかけ)
・ぶりの照り焼き
・手作りシューマイ
・ちくわとほうれん草のごま和え
・コールスローのサラダ

これこそ黄色のおかずを入れるべきだった弁当。
緑感が強くなっちゃったジャングル弁当で反省…
今週は反省点の多い弁当ウィークでしたね。

でもシューマイ作りは中に色々なものを入れて
アレンジできそうで面白かったわ。個人的に
レンコンを入れてシャキシャキ感を入れたいね。

蒸し器が思いのほか楽しいゆた。でした。

拍手