忍者ブログ
結局、忍者に落ちつく

逝年 感想

20180815_011349

最近、一日30分決められた時間に
読書をすると良い習慣になると
知ってマネしているゆた。です。
こんばんは。そんな訳で少し前に
映画も観に行った石田衣良原作
娼年の続編「逝年」を読みました。

映画を観るまで続編があるなんて
全く知らなかったんだけど、これが
読んで正解でした。娼年は青年が
娼夫として働き成長していくお話で、
正直変わったテーマで惹かれはした
けど、どこかプロローグ感があった。

なんか物足りないな~ってね。

こういう不満も逝年を読めば解消で
2冊読むことで完結でした。娼年は
娼婦としての仕事の話が主だったけど、
今度はクラブの再建の苦労やより重い
テーマで性同一性障害やHIVの話も
身近な話題として出てきます。

重いテーマなんだけど丁寧に扱ってて
かつ救いのある話にまとめてて凄いと
単純に思った。映画の感想で"恵"が
可哀想と言ったけどこれも変わったし。

「女が男を買い欲望を満たす」っていう
部分に目が行っちゃうけど、読了すると
すごく純愛なお話で泣けてしまった…。

それと人間が年をとることって良い事、
素晴らしい事だったんだな~と思える
良書でした。年取った女性が素敵って
日本だとなかなか聞かない考えだけど、
石田衣良はよくぞ書いてくれたよね!
(熟女好きは語る)

娼年読んだけど逝年はまだって人は
絶対に読むべし!感想が変わるよ!
こっちもぜひ映画化して欲しい。

拍手