忍者ブログ
ゲームは心のプロテイン!

サドルバッグtheファイナル

Untitled

自転車用のバッグが好きだ。フロントバッグ、
サドルバッグ、パニアバッグ…どれも好きで
一台しか自転車ないのにバッグはいっぱいある。

最近移動はもっぱら自転車で20~30kmぐらいの
移動が日常的にあるんだけど、ぶっちゃけ工具は
持ち歩いてなくて、トラブった時は自転車屋に
持っていけばいいかな~なんて軽く考えていた。

だけど帰宅が遅くなる時もあって、そんな時は
自転車屋さんも閉まってる事に気がついた。
さすがに自転車を押して10km以上の距離を
歩いて帰ってくるのはしんどいなと思い至った。

そこで工具などを入れるようにサドルバッグを
付けることにした!だけど、サドルバッグに
関していうと手持ちのだとオーバースペック気味。

JANDDのグロサリーバッグパニアLOVEなので
コイツは外せないんだけど、コイツと一緒に
付けるとなると大きめのサドルバッグは
ぶつかったり、あとはそんなに持たないよ!と
逆に積載力が高くなり過ぎちゃったり…。

20171016_211523
RAL UT Loader 4,320円

という訳でまたサドルバッグが増えてしまった。
名古屋の自転車屋さんCirclesが立ち上げたブランド
RALのサドルバッグ。日本の自転車屋さんだけど
物はメイドインアメリカなのがなんとも不思議。

どうやら日々自転車を使うCirclesの方々が理想的な
アイテムを作るためアメリカにあるバッグメーカーに
お願いして誕生したものらしい。実際に自転車に
乗ってる人が夢の商品を具現化したとかイカすね。

20171016_212658

中はポケットとか仕切りは一切ない作りだけど、
思いのほか広くタイヤレバー2本、携帯工具に
替えのチューブ1本入れてもスペースだらけ。

20171018_220444 20171018_220540

試しに手持ちのウィンドブレーカー適当に
丸めて入れてみたけど入りました!ロール
トップ式は開けるの面倒だけど物を入れれる
幅が広がってサドルバッグと相性いいね。

まあ、物によってはロールトップの部分に
使われている素材がペラペラなのもあるけど…

20171016_212103

このサドルバッグのロールトップ部分および
中生地に使われているドライパックはかなり
しっかりしてるし、防水性も明らかに高い。

個人的に外側と同じく中もコーデュラナイロンで
作られてると思ってたのでビックリしたわ。
コーデュラナイロンのクジラバッグ愛用してるけど
ちょっとした雨なら中身が濡れることもないので。

Untitled

あと便利なのがサドルレーンにくくるベルトの
位置を4段階に変えることが可能で、これで
色々なサドルの形に幅広く対応して装着できる。

20171018_221345

まあ、4段階といっても自分のサドルは前めの
2段階で取り付けるとサドルバッグ自体が
へにょへにょとリアキャリアの上にもたれ掛かる
感じになったので、現実的には2段階選択かな。

20171018_220106

色々なサドルに対応できるけど、自分の好みの
サドルバッグの角度にもできちゃうので、
お好みで吊るす位置を変えると良いと思う。

20171018_221136

さて、このサドルバッグ個人的に唯一問題なのが
バッグ自体にテールライト取り付けられるループ
などが無いこと。先日買ったWEARABLE Xなら
なんとか付けられるっちゃ付けられるけど。

でもロールトップ式のロールした部分で厚みが
あるのでこれからの季節、気温が寒くて手が
かじかんでたりしたら取り付けるのは難しいかな。

(実際はテールライト付けなくてもロール部分の
折り返しに反射素材が付いてます。自分はより
安全にテールライトを取り付けたいだけ)

20171018_214205

そこでグロサリーパニアにも付くんじゃね?と
天才的な閃きで付けてみたけど、これがなかなか。
シートポストに付けるより車や歩行者との距離が
近づくのでこれは良い!グロサリーパニア最高!

と、グロパに話がずれたけどRALのUT LOADER
小ぶりに見えるけど丁寧な作りと痒い所に手が届く
万能なサイズ感。だけど、お値段控えめとデザイン
気に入ったら不満はないだろう優等生なやつでした。

サドルバッグ迷ったらコイツに一票入れとくぜ!

20171016_211254

あ、そうそう。自分はCirclesさんで注文したけど
オマケにRALとPorcelain Rocketのステッカーが
入ってました。こういうサービス嬉しいなー。

拍手

PR

テールライトの夜明け

20171008_203824
WEARABLE X 3,213円

CATEYEの新作テールライトを購入。
まだあまり出回ってないのか何軒かお店を
回って横浜のワイズロードで見つけました。

Untitled

テールライトは正直リアキャリアに付けてる
リフレックスオートが見た目のヤボったさは
あるけど非常に優れてるし、先日買った
中華ライトに付いてきたのもあって満足気味。

そんな中でもこれを買ったのはこれからの
「テールライトのスタンダードになる」と
聞いたから。本当か!?と試したい気持ちも
沸いてきて三つ目なのに買ってしまったよ。

しかし、結論から云うとこれが素晴らしい物で
三千円でこれだけのものが出てくるように
なったのかと正直驚きのクオリティでした。

20171008_210458

まず同梱されてるものはこんな感じ。
シートポストに取り付けが可能になるゴムバンドに
充電用のUSBケーブルのみとシンプルで解りやすい。

20171008_210858
三千円でUSB充電可能とコスパ〇

20171009_155922

手持ちのモバイルバッテリー挿したら充電もできた。
もし夜道で充電が切れてもモバイルバッテリーを
持ち歩けば助かっちゃうっていい事だね、うん。

20171008_210533

そして、ライト本体のこの薄さを見てほしい!
指で隠れちゃったけどクリップ式で重さも
軽く(16.5g)て、サイクルジャージのポケットに
クリップして使うこともできちゃう便利さ。

20171008_212759
カバンなんかにもバッチリ付いちゃう

20171008_213003

しかも、クリップの先端がフック状になってて
そう簡単には外れにくくなってる。正直、着脱の
面倒くささは少し感じるけど自転車の揺れで
落とすってことはまずない作りになってるよ。


そして本題の明るさがすごい!

点けてみてその明るさにビックリした。
一緒に同じCATEYE製のリフレックスオートも
点けてみて、後者の電池切れを心配したほど。
結果新品の電池と交換しても明るさは変わらず、
ウェアラブルXが単純にめちゃくちゃ明るかった。

リフレックスオート、すごくデカいしこんなに
目立つテールライトもないだろうと思ってたので、
小さくても明るいライトの登場に口あんぐりです。

20171008_212543

悪いとこは意外とライトが大きくてバタ臭いのと、
クリップが固くてなんにでも取り付け難いとこか。
まあ、Bikeguyのトライスターレッドも同じように
クリップの取り付けはキツかったので、自転車の
揺れに耐えうるためなのかもしれませんが…。

だけど悪いところなんてしゃらくせーレベルに
いいテールライトです。クリップ式でランニング
なんかにも使えそうな気がするし。オススメ。

拍手

ブルホーンシェファード

「あゝ腰が痛い」

筋トレで腰を痛めたのか最近妙に腰が痛い。
腰痛持ちの人ってのは本来朝起きた時から
痛いらしいんだけど、自分は朝は快適で
むしろ疲れが溜まった夕方ぐらいから痛む。

特にしんどいのがバイクで、スクーターだから
骨盤が立って乗ってるので腰に負担がかなり
掛かるし、振動も加わって乗りたくないレベル。

20170930_141610

バタフライハンドルでアップライトな乗り心地で、
スポーツバイクでもスクーターに近い姿勢だと
思うのに自転車の方がずっと楽なのが面白い。

だけど、「もっと上体が倒れればロードのように
腰への負担も腕や背中や腹筋などに分散
できるのでは?」と疑問に思った。

20171001_130052
SimWorks CALSAGA Bar

ので、買っちゃいましたブルホーンバー!
クロス乗りで天下のSimWorks製のハンドルに
手を出す日が来るなんて。いやはや面白い。

20171001_130152

ちなみに本来は6,600円するんだけどキズがある
ってことで5千円で購入。バーテープ巻いちゃえば
キズなんて見えないので問題ナッシングです。

20171001_220311

それと気になってたSalsaの新しいバーテープ。
色は黒、ベージュ、茶、オレンジの4種類あって
サドルの色に合わせて茶にしようか迷ったやつ。

でも、バーテープとサドルが茶色でクラシカルな
雰囲気にするならクロモリの方が合いそうだし、
ここはサドルの茶とフレームの白で割った
ベージュにしてみましたよ。(2,268円)

早速家で取り付け作業を開始!だけど、自転車に
取り付けはできそうだけど、SHIMANOの
シフターの径が小さくて全然入らない…!

購入した贔屓にしてる自転車屋さんに泣きつくと
「規格としては今まで使ってたハンドルと大きさは
変わらないので入ります(キッパリ)」と言われたので、
「じゃあ、入れてみろよ!」と思いつつお店にGO!

20171001_154253
入りました(完全敗北)

どうやらブルホーンバーは入れるのに苦戦するよう。
シフターの径を工具で広げながら押し込む感じで
取り付けてました。今までハンドルの取り付けは
簡単に出来てたので大変とは知らなかったよ…。

ハンドル装着とバーテープ巻いてもらって工賃は
2,500円。ブルホーンとバーテープ込みで約1万、
思わぬ出費だったけど手間暇を考えると賢明かも。

20171001_152230

しかし、これはいいな!と一目ぼれしたSalsaの
バーテープやっぱりかわいいなコレ!クロスに
バーテープってどうなの?とも思ったけれど、
思い切って変えてみて大正解。サンキュー腰痛。

20171001_160656

かなりかわいくなったシェファ号。
惚れ直しちゃった(笑) またコイツと一緒に
色々な所に行きたくなったので、腰痛治さねば。

でも、ハンドル周りスッキリしたけど先日買った
中華ライトが付かなくなりました。完全な想定外。
もう暗くなるのも早くなってきたので、少し心配…

何かよいアイディアはないものか?
こうやって悩んでる時間も自転車は楽しい。

(余談だけど、540mmのCALSAGA BarにSalsaの
バーテープ1本で巻けました。もう一本余ったので
ボロボロになっても新しいの買わなくても大丈夫。

クロスバイク乗る人の参考になれば幸いです)

拍手