忍者ブログ
結局、忍者に落ちつく

伏兵あらわる!?

モンハンストーリーズの体験版が配信されたので
早速遊んでみました。これが思いのほか楽しいので
ちょっと簡単にご紹介。ストーリーズは簡単に云うと
モンハンのRPGで、体験版はお話を楽しむクエストと
CPUと対戦のトーナメントを触ることができます。

Untitled

まずお話がどんな感じか気になったのでクエストを
チョイスしてみたけど、グラフィックがイイね!
本家よりデフォルメされてるけどかわいらしい。
表情がアニメさながらコロコロ変わるのがグッド!

それと嬉しいのが画面に表示される文字のサイズ。
これが大きくて見やすい!子供向けと思ったけど
自分のような大きいお友達にもやさしい仕様。

<探索>
マップはパッと見モンハンのようで抵抗ないけど、
ボタンを押しても攻撃アクションが出ない!
オトモのモンスター(オトモン)を口笛で呼んだり、
呼び出したオトモンに乗って移動したり。

ドスランポスはジャンプ、ドスファンゴはダッシュと
オトモンによってできるアクションが違って楽しい。
ランポスでジャンプして敵のポポを踏もうとしたら
戦闘画面になったので、ホントこれRPGだね(笑)

Untitled

<戦闘>
まず感じたのが戦闘のテンポのよさ(3倍速まで可)
システムも3すくみのジャンケンで分かり易く、
単調になりがちな面も前述のテンポと合間に入る
カットイン、演出の良さもあって忘れちゃう。

ポポと戦うオトモンのドスランポスが意外と
負けそうになるのが面白い。本家でもムービーで
モンスター同士が戦ってるのが見れたりしたけど、
身体のデカさ見たらポポの方が強そうだもんなー。

トーナメントモードは勝ち抜きの対戦形式で
クエストと違うのがライフが3あって相手の
ライフを全部無くした方が勝ちと云った寸法。

子供向けに感じたけど意外と読み合い重視かな。
モンハンと云えばの"罠"も相手の攻撃を読んで
設置して、相手がその攻撃をしたら発動とか
読み合いに勝てたら面白そうな作りでした!

10月はBBCFが大本命でしたが体験版で意外に
ロープレとしても面白いストーリーズでした。
オン対戦プレイのデキ次第では流行るかも…

拍手

PR

秋の夜長はゲームのお時間?

Untitled

ゲームショウ開催週と云うこともあって情報も
満載な今週号のファミ通。自分のゲーム欲も
ムラムラきてるので、今年購入予定のタイトルを
ここでまとめておきたいと思いますぜー!

~10月~

・ブレイブルー セントラルフィクション

10月の本命。PS4を買う理由がコレになりそうだ。
シリーズ完結作でどういった終わり方をするのか
非常に楽しみ。期待が高すぎて来月までに小説も
読もうか模索中。ラグにゃはどうなるかなあ…

・モンスターハンターストーリーズ

シリーズファン向けとはまた違う、もう少し低い
年齢層に向けた作品に見えるモンハンのRPG。
モンハンと云えばな協力プレイがやれるのかと
思ったけれど、これは対戦プレイができるとの事。

グラフィックデザインがわりかし好きなので、
評判次第では買ってしまうかもしれない。

・ネオアトラス 1469

PSのネオアトラスが好きだったので気になる。
ただ、10月はタイトル発売激戦区なので後回しか。

~11月~

・ポケットモンスター サン・ムーン

ポケモン大好きな自分なのでもち購入予定ですが、
事前情報を見るとなんかポケモンらしくない気がして
不安になっております。海外版ときメモを見たときの
衝撃とまでは行かんけどマッチョな蚊とかモヤモヤ…

・にょきにょき たびだち編

ぷよぷよの生みの親、仁井谷氏が開発した新作パズル。
自分の腕前をLVで判断してくれて、その腕前にあった
レベルのCPUと戦えて1人でも熱い勝負ができる模様。

このご時世にオン対戦が無いなんて…とも思うけど、
後日パッケージ版で実装されるみたいで楽しみ。
とりあえず、3DSウェア版買ってみる次第。

~12月~

・龍が如く6 命の詩。

12月の本命かもしれない。龍シリーズは初代をPS2で
やった以外遊んだことないし、桐生ちゃんの子供(遥)に
子供まで出来てるとか、そもそも遥をゲーム内で
見たことないのに月日が流れるってのは恐ろしい…。

シリーズほとんどやったことないのに今回は欲しい!
そう思わせるだけの開発陣の熱(パワー)を感じる。
猫カフェ経営したい!ライブチャットしたい!

・ぷよぷよクロニクル

セガは何で同日に売れそうなタイトル出すの?と
疑問な龍が如くと同じ発売日。ぷよぷよは弱いけど
キャラクターがポップでかわいらしくて好きで、
そのキャラ達でRPGってのに惹かれます。

以上、毎月欲しいタイトルが多い2016年。
あ、来月はゆた。の誕生日です!誕生日ですッ!

拍手