忍者ブログ
今年こそセーターを編むゾ

ダンジョンLOVE

Untitled

巷で話題の漫画「ダンジョン飯」を読みました。
ダンジョンに出てきたモンスターを美味しく
食べちゃおうって漫画で、そのコンセプトに
驚きつつも、読んでみるとこれが楽しい。

九井諒子さんの漫画は始めて読んだけど絵が
上手いですね!キャラもモンスターもどちらも
描けるとかすごい。出てくる料理も間違えたら
グロになりそうだけど、どれも美味しそうだし(笑)

ダンジョン飯を読んだら無性にダンジョンRPGが
やりたくなってしまい、気がついたらポチってた。

Untitled
エルミナージュ2!

今更PSPなの?って感じですが、これが
また想像してた以上に面白い。薄気味悪い
ダンジョンの中を歩いてると、これまた
気持ち悪い造形のモンスターが…(褒め言葉)

それと出てくるキャラクター達も、みんな
戦いへ赴き死を覚悟しながら家族のために
そして仲間のために戦う格好良さがある!

なんてことはない。

ダンジョン内の扉が開かず雇った盗賊に文句を
言う女魔術師。開いたら教えて~と自分だけ
町へワープし、それに盗賊は激怒(笑)とか

侍なのに「弱いと聞いたから挑んだのに!」
と、武士道の欠片もない侍がいたりと
色々な自分以外のパーティにも遭遇します。

死の危険のある場所だからこそ人間の汚い
部分も見られて、それがすごく納得できると
共にとても面白く感じてしまいます。イイネ。

~快適システム~

気持ち悪いモンスター、アクの強い人間たちと
かなり濃ゆいエルミナージュ2ですが、
システム面はさっぱりと整理されてます。

・ダンジョン内でのカニ歩き有り
・ソフトリセットあり

この2点があるのはダンジョンRPGでは
非常に助かるのですが、それだけで終わらずに

・フェイスロードあり
・スクリーンショット撮影可能

と新しい取り組みもしてます。PSPなのに
スクショ撮影があるゲームとか何とも珍しい。

フェイスロードは自分の好みの画像データを
ゲーム内の自キャラの顔に出来るシステムで、
例えばアニメのキャラの画像を使ってゲームを
することも可能です。新しい試みですね。

~チュートリアルクリアまでやって~

難易度の高いRPGと聞いていたけど、まさに
その通りだと思う。チュートリアルは楽勝と
よそ様のブログで見たのだが、結構苦戦して
チュートリアルクリアするのに4時間掛かったw

宝箱を開けるのに盗賊に罠の有無をチェック
させるのを忘れて開けたら、毒針に引っかかり
毒の怖さを知りました。一歩歩く度にHPが1減る!
初期のHPは一桁なので、8歩でダンジョンから
出ないと死んじゃう!?いや、HP1残るでしょ…

(このあと無茶苦茶死んだ)

また脱出アイテムなんてファンタジーさ溢れる
アイテムも存在せず、これが薄気味の悪い
ダンジョンをより一層おそろしい場所にしてる。

戦闘で経験値が貯まっても町に帰って宿屋で
寝ないとレベルが上がらないシステムなので、
ダンジョンから町まで帰ることが大事で、
無事に帰れた時は嬉しさを感じてしまう。

町とダンジョンの往復とやることはシンプル
だけど魅力的なNPCキャラたちとスリルのある
ダンジョン探索。初見の雑魚敵を見て

「こいつはやばい。逃げろッ!」

と、思ってしまうゲームも久しぶり。
ちょうど先月まで半額セールとかだったようで
倍額払って買ってしまったけど後悔はない。

エルミナージュ2オススメです。
まだ始めたばかりだけどこの言葉を
クリアしてからも言いたいな。

チュートリアルで4時間掛かったから本当に
クリア出来るのか心配ではあるけど。
早速、解放された他の難易度1のダンジョンに
行ったら、ドラクエでいうベキラマが飛んできて
ひどい目にあったけど。あはは…(笑)

ちなみに自分は今回ワービーストという
種族で顔グラはデフォルトの豚にしました。
かわいいエルフやかわいいショタ妖精の
パーティの中に豚の自分がいるとか…。

Untitled
すごく興奮します

パーティ内では外見と体臭で嫌われていて
宝箱もいつもは盗賊が罠を開けるのに、
「お前開けてみろよ」とみんなに言われて
開けたら毒針の罠で死んじゃうとかね。

想像する楽しさもダンジョンRPGよね!

(スクショ撮れる言っといてスクショなしの
記事で申し訳。PSPgoでやっててネット経由で
画像を送ろうとしたけど上手くできず)

人気ブログランキングへ

拍手

PR